• 京都カラスマ大学

How to survive in TOKYO | 東京ひとり分校便り(8/3)


202073日(金)
霞ヶ関でアルバイト。パソコン作業で肩が凝る。夜、近くに住む友人に誘われて、一緒に小田急沿線をぶらぶら。駅前は小さな居酒屋が並び、少し離れると静かな住宅街だった。あまり混んでないインド&タイ料理屋(?!)でバターチキンカレーを食べる。

202074日(土)
カフェでアルバイト。閉店間際に店内利用や、お弁当を買いにくるお客さんがいて、営業時間を延長した。久しぶりにこんな時間まで働いたなぁという感じ。

202075日(日)
朝、カラスマ大学の「zoomでラジオ体操」に参加。身体がほぐれ、清々しい気持ちになった。コインランドリーで布団カバーなどを洗濯。都知事選の投票へ。駅前の中華料理屋でランチした後、野外ライブイベントをやっていたので見た。夕方雨が上がったのを見計らって、自転車で友達の家へ。一緒にピザを食べた。

202076日(月)
今日も、カラスマ大学の「zoomでラジオ体操」に参加。夜までアルバイトの日。あまり忙しくなかったので、キッチンの業務を教わりながら担当した。

202077日(火)
「アクアパーク品川」へ。光の演出に拘る水族館で、イルカショーが迫力満点だった。近くにあった秋田のアンテナショップで、お弁当を買って食べる。その後代々木に移動し、公園を散策。気になっていたパン屋とギャラリーに足を運んだ。夕食はお刺身とビール。大好きな「コンフィデンスマンJP」シリーズの映画を観ながら。充実した一日!

202078日(水)
夕方までアルバイト。ランチタイムが忙しかった。夕食はレバニラ炒め。パソコンで作業していたら寝るのが遅くなった...202079日(木)
霞ヶ関でアルバイト。お中元で会社に届いた、新潟産のお蕎麦をもらう。さっそくうちで、かけそばにして食べた。

2020710日(金)
寝不足絶好調。霞ヶ関へ。インスタを更新する作業。夕食は親子丼。夜、山下陽光さんとワクサカソウヘイさんのトークイベントを見る。他の参加者たちと話す時間もあり、久しぶりに人の輪が広がる感覚があった。

2020711日(土)
いつもより少し遅めに起床。午前中は洗濯したり、テレビを観たりして過ごす。昼食はお蕎麦。近所の図書室に本を返しにいく。午後は地域のボランティア活動などを調べた。夕食は鶏鍋。その後、友人とオンラインミーティング。

2020712日(日)
朝はカラスマ大学の「zoomでラジオ体操」に参加。夜までアルバイト。昼間は一時満席になるまで賑わったが、夜は一転客足が落ち着いた。雨が降る前に家に帰れてラッキー。

2020713日(月)
霞ヶ関でアルバイト。インスタを更新する作業などを黙々とこなす。定時で上がって帰宅。夕食はニラと鶏肉炒め。洗濯、掃除をして、ゆっくりとお風呂に入る。オイルマッサージをしてみたら、すごくスッキリした!

2020714日(火)
カフェで夜までアルバイト。週末、岐阜の実家に帰省するつもりだったけど、行かないことに決めた。いつになったら、安心して帰れるんだろう…。

2020715日(水)
霞ヶ関でアルバイト。一日中細かい雨が降ったり止んだりして、オフィスがある25階の窓から見える景色は、霞がかかっていた。(だから霞ヶ関なのか、なーんて)夕食はハヤシライス。10年ぶりくらいに、「踊る大捜査線」の映画を観た。

2020716日(木)
カフェでアルバイト。夕方まで。帰り道、ドラッグストアと業務スーパーに寄る。夕食は肉団子の甘酢炒めを作った。深夜までパソコン作業をする。

2020717日(金)
カフェでアルバイト。ランチタイムが怒涛の忙しさ。夕方上がり。ドトールでココアをテイクアウトして帰る。近所の焼肉屋に初めて行った。金曜の夜なのに空いていて良かった。めちゃくちゃ美味しいお肉。高いだけある〜!



こんにちは!スマ大東京ひとり分校生の熊沢紗世です。


1ヶ月ぶりの更新となりましたが、日記は続けています。何日分かまとめて書くこともありますが。あまりに日記部分が長いので、2回に分けて更新したいと思います。



(アクアパーク品川、圧巻のイルカショー)



今日の学び:止まらない街、東京

上京した若者がきっと一度は持つであろう「東京には馴染めへん」という感情。

私は東京に出て3ヶ月ぐらいでそう思いました。


それでもなんとか頑張ってやってきて、こっちに友達も増えてきて、楽しくなってきたものの、結局アルバイトしかしてへんし「東京じゃなくても出来るやん」って思う日もある。多少、芸能人に会う機会が多いくらいやな。


地方に住む方は驚かれるかもしれませんが、コロナが流行りはじめて、最初こそステイホームで乗り切ろうとしていたものの、それでもウイルスは無くならないって分かった途端、東京は一気に日常に戻りました。緊急事態宣言が出ていた期間ですら、感染者が減るにつれて、街は動き始めました。


「ほんま、東京は意味わからん」


けれども、これが、首都・東京で生きる人たちのバイタリティなのかもしれない。

ぐるぐると回り続ける世界で、動きを止めればすぐに埋もれてしまう。やっぱり新しいものを一番に作り出すのは、私たちでないと、という気概を感じます。


結局、このスピード感が東京の嫌なところであり、好きなところ。


なかなか地元や京都に帰れないのは辛いけど、この時期を東京で過ごし、ここで起きていることを見ていられるのは、きっと貴重な体験になるだろう。


ちなみに、東京都の人口は1400万人。日本の人口の10人に1人が東京に住んでるってこと。そりゃこれだけ感染者も増えるわなと思いつつ、引き続き感染防止に努めます!(くま)


京都カラスマ大学からのお願い

無償のボランティアには限界があります。どうかみなさんで少しずつ、京都カラスマ大学の活動を支援してください。寄付の方法は3つです。


◆「つながる募金」 ソフトバンクの携帯代と一緒に支払えます
◆「SUZURI」 カラスマ大学オリジナルグッズを選んでください
◆振り込み:特定非営利活動法人 京都カラスマ大学
【京都銀行】下鳥羽支店 普通口座3141273
【ゆうちょ銀行】中京支店(099)00970-2-195417 当座019541

企業からの年間支援も受け付けています。もっと詳しく知りたいという方は、支援サポートのページをご覧ください。どうぞよろしくお願いします。




​授業のお知らせを受け取りたい方はこちらから

Mail magazine

京都のまちと人と未来をつなぐ、学びの場。NPO法人京都カラスマ大学の公式サイト。

〒600-8305 京都市下京区正面通新町西入ル東若松町795-2「SOLUM」 1階B号

logo3.jpg
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTubeの

copyright © KYOTO KARASUMA  UNIVERSITY  NETWORK All Rights Reserved.