• 京都カラスマ大学

京都カラスマ大学の仲間たちを紹介します

最終更新: 6月5日

スタッフのうえです。


先日、初の「ゆるレコ」に挑戦しました!

「ゆるレコ」は、数年ぶりにスタッフに戻ってきたぼく自身がスマ大スタッフのことを知るための企画です。

得意な「グラフィックレコーディング」という手法を使って、スマ大スタッフのプロフィールをレコーディングします。完成すると、自分のプロフィールが、1枚の絵になって完成する、はず!というイメージです。


グラフィックレコーディングとは
ミーティングや講演の内容を、文字とイラストを使って記録する方法のこと。 参加者がリアルタイムで記録を共有できるよう、大きなホワイトボードや模造紙に描かれるスタイルが一般的。グラレコ、と呼ばれていて、議論が可視化できるのがいいところです。

思いついたのは、このグラフィックレコーディングの自己紹介版。


ぼく自身が、まちづくりミーティングなど様々な場所に出かけた時に、「仕事の名刺じゃない自己紹介をするにはどうすればいいかなー」と考えたのが始まりです。


ちなみに、右のイラストがぼく自身の自己紹介。一般的なグラレコと違い、あえてイラストだけにしています。「これ、なんの絵?」と聞かれるところから、会話が生まれたらいいなあと思ってつくりました。


で、今回はこれをアレンジ。スマ大のボラスタさんたちにお互いインタビューしあってもらって、ぼくがそれを聞きながら模造紙に絵を描いていくことにしました。これなら、なかなか事務所に足を運べないメンバー同士も、zoomを通してお互いを知り合うことができるはず。


スタッフ全員の自己紹介イラストができるまで、無理ないペースでゆるっと続けたいなあと思ったので、「ゆるレコ」です。


つまり、グラフィックレコーディングの自己紹介版。

第1回目は、今、「ふつうって、なんだろう?」ゼミを一緒にやっている、「くまちゃん」「こばっしー」です。


1枚目は、ふつうゼミのゼミ長、くまちゃんのゆるレコ。BGMはスキダラケマフィア



2枚目は、こばっしーのゆるレコ。BGMは藤井風くん。



zoomを使ったので、時間の都合が合う他のスタッフのみなさんも、耳だけ参加してくれました。1時間のつもりが、なんかいい感じだったので90分に延長したのですが、くまちゃんこばっしーのこと、いろいろ知ることができました!


と同時に、ふたりの話を聞いていただけのぼくも、いろんな刺激を受けることができました。誰かの好きなことを知ることで、今まで知らなかったことに興味が持てたり、新しい考え方に触れることで、視野が広がったりしました。


みんなで何かをやることも大事だけど、その前に、まずは一緒にやるメンバーのことを知ることも大事なのかなーと思いました。メンバーのことを知ることで、京都カラスマ大学というチームの力が、もっと活かせるのかなー。


ゆるレコの後、ひとりになってから仕上げの色を塗ったんだけど、くまちゃんこばっしーが自分の好きなことやしたいことの話を思い出しながら作業したので、一気に楽しく仕上げができました。


くまちゃん、こばっしー、ありがとうございました!


次回は、「みやっち」からの予約が入りました。楽しみだなー。


気になる絵があったら「ゆるレコ見たよ!」と、それぞれ本人に質問してみてくださいねー。

これをキッカケに、スタッフ同士の交流や、授業に参加してくださる生徒のみなさんとの会話のきっかけが増えたらうれしいです。



(うえ)


京都カラスマ大学から支援のお願い

無償のボランティアには限界があります。どうかみなさんで少しずつ、京都カラスマ大学の活動を支援してください。寄付の方法は3つです。



◆「つながる募金」 ソフトバンクの携帯代と一緒に支払えます
◆「SUZURI」 カラスマ大学オリジナルグッズを選んでください
◆振り込み:特定非営利活動法人 京都カラスマ大学
【京都銀行】下鳥羽支店 普通口座3141273
【ゆうちょ銀行】中京支店(099)00970-2-195417 当座019541

最新記事

すべて表示